ひと粒で何度もおいしい

-多趣味な兼業主婦の雑記帳 -

濃い色の洋服を撮影するには? フリマアプリへの出品テクニック

高山です。こんばんは。
会社員の方は黄金週間中でしょうか。
私は個人事業主なので、あまり関係なく過ごしています。

さて。ここ数日間、ブログをUPしていませんでした。
実はやる気に燃えながら書いた文章が。

Wi-Fiトラブルで消滅・・・😭
よく切れるんです。家のやつ。

下書き保存は大事ですね。気をつけよっと。

 

お休み中、文章は放置していましたが
ブログのデザインを変えたりしていました。

見出しがSEOに影響を及ぼしたり、順番にもルールがあったんですね!
うーん。知らなかったです。


↓ 参考にさせていただきました ↓

bazubu.com

 
こんな 【ブログど素人】な私ですが、大昔には
個人のホームページやブログを作っていました。

当時の私のサイトは、自分の駄文を垂れ流すだけの場所。
周りにも個人的な日記を載せてる方が多かったような。

今は一般の方でも専門的な事を沢山知っているし、
当然のように使いこなしてますよね。

いろいろ調べていて、驚きと発見が多かったです。
これから色々と勉強していきたいです。

 


おっと。前置きが長くなってしまいました。
今日もフリマアプリでの出品について書いてみます。

 


昨日お勉強した目次機能を 早速使ってみます(・∀・)ノ

 

 

フリマアプリへの衣類出品テクニック その2

スマホでの撮影や色調補正の簡単なポイントをご紹介します。
本格的な画像加工やカメラについては素人なので、
その辺はご容赦くださいね💦 

 

濃色の服の撮影 

黒や紺などの濃い色の物に撮影って、難しくないですか?
私も最初苦労しました。

 

▼そのままシャッターを押して撮影した画像。

 f:id:chiblog:20170428102645j:image

私物のユニクロキルティングジャケットです。
ステッチが入っていますが、全く写っていません

 

メルカリなどのフリマアプリでも、↑のような

 「これどんな洋服なの?! 」

という出品写真をよく見かけます。

 

▼少し気をつけて撮ってみた写真がこちら。

f:id:chiblog:20170428102421j:image

 

携帯のカメラは画面にタッチした部分で
ピントや明るさを判断してくれます。

これは画面を何箇所かタッチしてみて、丁度良い色合いのところで
シャッターをpush!

でもこれだとグレーだと判断する方がいるかも?
明るすぎるので、ここから少し調整します。 

 

f:id:chiblog:20170428102431p:image


 前回ご紹介したiPhoneアプリcamera+を使用しています。

  フリマアプリへの衣類出品テクニック その1 - ひと粒で何度もおいしい

 

明るさを下げて、コントラストを上げました。
iPhoneデフォルトアプリでの調整方法は後述します。)

少しの変化ですが、実物に近づきました。
でもこれでも違う色に捉える方がいるかも?

判断のつき難い色合いは、
実際の色を説明文に明記するとトラブルになりにくいです。

 

適当に撮って後から加工ではダメなの?

1枚目の画像だと、後で加工する時に色が飛んでしまうんです。
細部まで映る感じで撮っておくと、後で調整がしやすいのでオススメです◎
 

  camera+はアプリ内の専用カメラロールに一旦画像が保管されます。
  そこから加工後にに保管が設定が出来るので、
  カメラロールに大量の写真が溢れなくて気に入っています。
  何枚か撮り【厳選した写真を保存】という使い方をしています。

 

ピントがが合わない時は?

時々カメラが迷っているのか、ピントが合わず
シャッターが押せない事がありませんか?

押せてもピンボケしちゃったり、
やたらと白飛びして写っちゃったり。

 

そういう時は、他のアイテムと一緒に撮るのがおすすめ。
デニムや帽子・小物類をコーデ風に一緒に撮ると濃色も上手に撮れます。

何よりおしゃれ見えるし、組み合わせを想像しやすくなり、
売れやすくなります♪

合わせるアイテムは、白すぎたり黒すぎたりしない、
中間色の物を選びましょう。
その小物をタッチすると、正しい色味を判別してくれたりします。


余談ですが、コーデ画像で出品していると、時々
「セットですか?」という方がいます。
トラブルにならないよう、撮影用小物が商品でない旨は
書いておくと親切です。

 

 

ネイビーを正しく写すには 

 

同じ濃色でもネイビーの撮り方について。
じつはこのアウターの内側は紺色なんですが、黒っぽく見えます。

少し気をつけて撮影したのがこちら。

f:id:chiblog:20170428102604j:image

 
ネイビーに見えるのではないでしょうか?
色味を青よりに調整しながら撮りました。

camera+は、撮影時にホワイトバランスを
調整しながら撮影できるので、色合いの表現でも助かっています。


 参考▶︎ ホワイトバランスって何だろう? | オリンパスイメージング

 

撮影中に調整できないカメラアプリの場合は、
撮影後に調整しても大丈夫です。

 

 

iPhoneのデフォルト機能で色調補正

 

iPhoneのデフォ機能でも、色合いの調整は出来ます。

カメラロールで画像を選択し…

f:id:chiblog:20170428105010j:image

彩度、コントラスト、色かぶりのあたりを操作して
丁度良い色合いを見つけてみてください。

 ※「色かぶり」とはホワイトバランスの事のようです。 

 

最後に


やたらと長くなってしまいました。
しかもcamera+の押し記事のようですね💦

 

いざ伝えたい事をまとめようとすると、難しい!
上手に伝えられるように、日々精進していきたいと思います。